他の従業員のミスで怪我を負った場合、損害賠償の請求はどうすればいい?

他の従業員のミスで怪我を負った場合、ミスをした従業員に対して損害賠償請求が可能です。この従業員の責任を不法行為責任といいます。

そして、従業員に不法行為責任が認められる場合には、それが業務中のことであれば、会社に対しても責任追及が可能となります。

会社は雇用主として従業員を使用して利益を受けているわけですから、これによる損失も負担する必要があります。

このときに会社が負う責任のことを使用者責任といいます。

なお、これとは異なり、他の従業員が業務とは関係なく個人的な恨みから怪我をさせたという場合には会社に対する責任追及は通常認められません。

つまり、業務中に他の従業員のミスで怪我を負った場合には、怪我をされた方はミスをした従業員と会社の双方に対して損害賠償請求をすることができます。

その後、どちらかが損害賠償責任を果たした場合には、ミスをした従業員と会社で協議をしてそれぞれの負担割合を決める(求償する)ことになります。

さらに、従業員に不法行為責任が認められるか否かにかかわらず(例えば自分のミスで自分が怪我をした場合などでも)、会社に安全配慮義務(労働者の安全に配慮して環境等を調整する義務)違反が認められる場合には、会社に対して損害賠償請求が可能となります。